コンピューター1ページ:新・絶体絶命|相互リンクSEO-P-Link ver3.5

登録サイト募集中


サイト情報

  • 本ページのGOOGLE PAGERANKは
  • GRATS SEARCH

コンピューター:サブページ

カテゴリー

コンピューター登録サイト一覧

 このページは、新・絶体絶命|相互リンクSEO-P-Link ver3.5のコンピューターカテゴリ(1)ページです。コンピューター(1)ページに登録していただきまして誠にありがとうございます。登録サイト様のアクセスアップ・ページランクアップをお祈りしています。

 当サイトでは、登録サイト様リンク設置ページのグーグルページランク(Google PageRank)を参考に、発リンク数が少ない順等・独自の評価方法により掲載順を決めています。

 尚、新・絶体絶命|相互リンクSEO-P-Link ver3.5は、当サイトの内容若しくは使用にかかわる一切の損害について責任を負うことが出来ません。

この続きはコンピューター:2ページで表示しています。
この続きはコンピューター:2ページで表示しています。

 2000年代にはパーソナルコンピュータ(PC/AT互換機)のコモディティ化が進んだ。背景には、既に一般の会社や個人に行き渡ったこと、性能がオーバースペック気味になり買い換え需要を喚起しにくくなったこと、携帯電話などの新しい手軽な情報機器の普及などが挙げられる。独自プラットフォームを堅持し情報機器分野でも成功しているアップルを除くパソコンメーカーは、価格競争の激化による苦境に追い込まれ再編も相次いだ。2002年(平成14年)にはヒューレット・パッカードによるコンパックの買収、2004年(平成16年)にはIBMによるパーソナルコンピュータ事業のレノボへの売却や、ゲートウェイによるeMachinesの買収、2007年(平成19年)にはエイサーによるパッカードベルやゲートウェイの買収など大手メーカーの再編や寡占化が進んだ。「パーソナルコンピュータ」出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』(最終更新 2012年12月1日 (土) 07:13)

このページの先頭へ